酒のあて~日本三大珍味編~

ウニ世界各地には珍味と呼ばれる食材がたくさんあります。読んで字のごとく珍しい食材だとか、味が独特で中にはこんなものを食材と呼んでいいのか?と疑ってしまうものまであります。

しかし、珍味の中には酒のあてとしてぴったりの珍味もあるんです。
回はそんな珍味の中でも日本が誇る(?)日本三大珍味というものを紹介させていただきます。

日本三大珍味

「ウニ」「カラスミ」「このわた」は日本三大珍味と呼ばれ江戸時代から存在してあるそうです。
どれも酒のつまみとしてはぴったりだそうですので、1つずつ見て行きましょう

ウニ

もとは「ウニ塩辛」という呼び名や「越前雲丹」という商品でも販売されている「塩ウニ」が珍味とされていたようです。
ウニと言えば高級食材としてお寿司屋さんや料亭などでもよく見ることがありますが、それとは違い、ウニと塩を混ぜ合わせてペースト状に加工しているものだそうです。

カラスミ

魚の卵巣を塩漬けにした後、天日干しで乾燥させたものです。
カラスミに使用される魚はボラが有名ですが、サワラやサバのカラスミというものも存在するようです。
高級品としても出回っており、味は塩辛いチーズといった感じらしいです。

このわた

ナマコから採り出した腸を塩辛にした食材です。
腸を使用しているので、ナマコ1匹から1本しか取れません。
ナマコは大きくても30cm前後の大きさなので、取れる量もそこまで多くはありません。
こちらも種類にもよりますが、高級品として流通しているそうです。
また、生で食したり、熱燗を注いで「このわた酒」としたりすることもあるそうです

いかがでしたでしょうか。
私は日本三大珍味は食べたことがないので、味の感想をお伝えすることはできませんが、
もし機会があれ是非、食べてみたいと思っています。